中国語学習&中国留学

2015年から1年間中国政府奨学金を得て中国に留学していました。中国語の勉強方法も徐々に書いていこうと思います。これから中国へ留学する方、中国語を勉強している方への参考になれば幸いです。

2016年04月

中国留学で大学に通う場合、たいていは大学の敷地内にある寮で生活することになります。 外国人留学生と中国人留学生の寮は別々になっていて、たいてい外国人留学生の寮はホテルであることが多いです。

〇寮の設備について
今私が住んでいる寮もホテルです。2~4階までが外国人学生の部屋で、それ以上は一般客の宿泊部屋になっています。私の部屋は2人部屋です(中国人学生は通常4人部屋ですが、留学生は1、2人部屋の場合が多いです)。部屋に完備されているものは、ベッド、勉強机、クローゼット、テレビ、固定電話、ユニットバス、電気ポット、電気スタンド、エアコン、貴重品ボックス、有料Wi-Fiでした。

私の寮のいいところは毎日掃除のおばさん(阿姨)が部屋に入りゴミを回収してくれることと、一週間に一度枕とベッドカバーを交換してくれることです。あと一ヵ月に数回便器と洗面器を掃除してくれます。

共同キッチンと洗濯機は部屋の外にあります。キッチンはIHヒーターと電子レンジがあり、簡単なものなら調理可能です。洗濯機は有料で1回5元です。洗濯機は頻繁に壊れるので、たまに脱水されないことがあり、びしょびしょの洗濯物を自分で絞らないといけないときもありました(泣)洗った洗濯物は外に広いベランダがあり、そこで干すことができます。が、下着を干していると盗まれることがあるらしいので、下着は部屋干ししたほうがいいです。

特に困っていることはないですが、ゴキブリが頻繁にうろつくので、これから留学する方はコンバットを持参することをお勧めします。

〇ルームメイトについて
ルームメイトは基本的に自分で選ぶことはできませんでした。交換留学生だと、同じ学校から来た人と同室になることも多いですが、通常は異なる国の留学生と同じ部屋になります。傾向としては、アジア人はアジア人と、ヨーロッパ人はヨーロッパ人とペアにされることが多いみたいです。私のルームメイトもアジア人です。

同じ部屋に今まで全く知らない外国人と共同生活を送るのはストレスが多いかもしれません。私は前のルームメイトと生活習慣が合わず、ケンカになったことがありました。結局共同生活は続けることができなかったので、ルームメイトを変えることになりました。現在のルームメイトもアジア系ですが、今のところうまくいっています。外国人と言っても個人個人性格が違うので○○の国の人は合わないと一概には言えないので、合う人もいればそうでない人もいます。トラブルを防ぐ一番いい方法は、初めのうちにルールを決めておくことだと思います。でも、他人と共同生活をして初めて自分がこうされたら嫌だなと思うことが出てきたりするんですけどね(笑)まあ、これも経験です。







日本でも去年11月11日にタオバオがセールで売上額がものすごかったというニュースがやっていたみたいですね。タオバオ(淘宝)とは、アリババが運営する中国最大のネットショッピングサイトで、中国の多くの人が利用しています。中国では最近11月11日は単身デーとなっていて、タオバオはこれにあやかってここ数年大々的にセールを打ち出しています。定かではありませんが、タオバオを皮切りに(?)この日に多くの店で値引セールが行われます。

もちろん、特別なセール日ではなくてもタオバオでは様々なものが安く販売されています。私も上海に来てから色々お世話になっていて、ドライヤーやキッチン用品を購入しました。ドライヤーは店頭で買うより安いものがたくさん売っていて、3000Wのドライヤーを800円くらいで購入しました!馬力があって私の多い髪の毛もあっという間に乾きます!!一時帰国のときにお土産何にしようかと迷った時も、タオバオでガラスポットを何個か購入しました。フランフランに売っているような可愛いデザインで1つ400円しなかったです。

このようにタオバオには様々なものが安く販売されていますが、安かろう悪かろうの商品も結構あって、失敗することもあるので注意が必要です。

では、失敗しないためにはどうすればいいかというと…。

タオバオの1つ1つの商品には店舗全体の評価と購入者の評価が掲載されています。まずはこれをじっくりと読むこと。また、購入者評価には写真を載せている方もいるので、その写真と店舗が出している写真を見比べましょう。店舗によっては、写真を加工しすぎて実物と全く違うということもしばしば。あまりにも評価が低い店舗や悪い評判ばかりの店舗からは購入しないようにしましょう。

でも、私としては自分で安くて質の高い商品を見つけるのが楽しくもあります。私の経験では、家電や食器類は安くてもそれなりにいいものが購入できると思います。

中国留学したら是非活用してみて下さいね〜




私が上海のスーパーへ行って一番驚いたのは、常温の牛乳と飲むヨーグルトが売っていることでした。日本では常温の牛乳と飲むヨーグルトは見たことがなかったし、乳製品は絶対冷蔵するものだと思っていたので、かなりびっくりでした。

上海にはドリンクスタンドがたくさんあり、タピオカミルクティは一杯8~10元くらいで購入できます。ある日店内でミルクティが作られるところをボーっと見ていると、牛乳はやはり常温を使っていました!!大丈夫なのかなと思い調べてみると、密封包装されているので常温保存に問題はないみたいです。よかった、安心です!!

もちろん冷蔵保存のものも売っています。でも常温の牛乳と比べても、日本の価格と比べても、冷蔵のものは若干高い…。「鮮牛奶」という980mlの冷蔵牛乳が230円くらいだったり…。日本では週2、3回は牛乳を飲んでいたのですが、上海では1ヵ月に一本買うか買わないかになりなりました。

小さいころから牛乳は冷たいものを飲んでいたので、やはり常温の牛乳には抵抗があります。未だに自ら進んで買う気になれません(笑)

↑このページのトップヘ