中国社会はコネ社会、人間関係重視、一度会ったら友達というイメージですが、本当にそうだなあと実感した事件がありました。

私と仲良くしている韓国人留学生が学内で知り合ったという上海女子3名を連れて来て、一緒に食事をしました。3名中2名はお化粧していました。近頃の上海女子は美容にもかなり関心があり、お化粧をし始めているようです。

初対面なので、初対面らしい会話をし、連絡先を交換し、普通にバイバイしました。まあ、ここまでは何の問題もないですね。

1ヶ月後、冬休みになり私は一時帰国していました。ある日今まで1度も連絡してこなかった上海女子1名が急に連絡してきたのです!!私は何事!?と思ってメッセージを見ていくと…「お願いがあるんだけど、今日本に居るんだよね?私の代わりに美顔器買ってくれない?お金は後で渡すから」と言われました。指定された商品を検索すると、何と5万円弱のもので、いくら何でもこんな高額なものを1度しか会ったことのない人のために建て替えられない!!と思いました。しかも口座に5万円もないのでこの点でも無理な要求だったのですが。

結局、建前上「探したけど、見つからなかったよ、ごめんね」と言いました。

1度しか会ったことのない私にこんな事を頼むなんて不安じゃないのかとか色々考えましたが、ダメ元でもいいから使えるツテを使い尽くすのが中国人のやり方なのかと考えさせられる一件でした。

この一件は留学しなければ体験することのない事だなぁとしみじみ思います。日本では到底出会わないであろうという人にもバンバンぶつかるので、これこそ留学の醍醐味ですね。凝り固まった考え方にパンチを与えてまた柔らかくしてくれるような感覚は打撃もありますが結構楽しいですよ。